予防接種・小児科

予防接種・小児科

予防接種

当院では、成人向けにインフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種、新型コロナウイルス抗体検査を行っております。
また、国内で流通している予防接種は全て取り扱っております。
在庫がある場合は即日の接種も可能です。
お電話でお問い合わせください。

予防接種とは

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むようにします。
ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体*を生じさせ、接種以後、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。

※ 抗体 : 病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子。

予防接種を受けられない/注意が必要な方

  • 熱(37.5℃以上)のある方
  • 重い急性疾患を起こしている方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患などで治療を受けている方
  • ワクチンに含まれる成分(鶏卵や安定剤など)に対するアレルギーのある方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹など、アレルギー症状が出たことのある方
  • これまでに痙攣を起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また先天性免疫不全の近親者がいる方
    など

※ 上記内容に当てはまる項目のある方や、何か心配なことがある方は、必ずご相談ください。
※ 接種は、事前に「予診票」をよく読んでから受けるようにしましょう。

予防接種を受けた後の注意事項

  • 予防接種を受けた後の約30分間は、急な副反応が起こることがありますので、医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  • 接種後1時間は体調の変化に気をつけるようにしてください。
  • 予防接種を受けた後、接種した部位が痛みや熱をもってひどく腫れたり、全身に蕁麻疹、嘔吐、顔色不良、低血圧、高熱などの症状が現れたりした場合は、医師の診察を受けてください。
  • 入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすらないように留意しましょう。
  • 激しい運動や大量の飲酒は控えましょう。

ワクチン接種の副反応

人によっては、ワクチン接種後に注射部位が赤く腫れたり、硬くなったりすることがあります。発熱や頭痛などがみられることもあります。
ごく稀には、ショック、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎、ギラン・バレー症候群、痙攣、肝機能障害、黄疸、喘息発作、血小板減少性紫斑病、血小板減少、血管炎(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、白血球破砕性血管炎など)、間質性肺炎、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、ネフローゼ症候群などが現れることがあります。
このような「稀な副反応」の発生頻度は、数十万~数百万接種に1例程度と言われますが、何らかの副反応が見られたような場合は、念のため速やかに医師の診察を受けましょう。

小児科

当院では定期予防接種(公費による無料の予防接種)の取り扱いを行っております。
公費負担で接種可能なすべての予防接種が接種可能です。
予約制となっております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

乳幼児からの予防接種に対応しています

母親から授かった免疫は成長とともに減弱していき、病気(感染症)にかかりやすくなります。ここで必要になってくるのが、ワクチン接種です。
予防接種は免疫が弱まってからも病気に罹らないよう、また、罹っても症状がひどくならないように行います。

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

ご持参いただくもの

  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 小児医療証
  • 診察券(お持ちの方) など

※ 事前のご予約が必要です。お電話、もしくはご来院時に予約をお取りください。
※ 予防接種は、お子さまの体調が良い時に受けさせましょう。
※ 接種後30分は、もしもの副反応に備えて、念のため接種場所の近くにいましょう。心配な症状が見られた際は、医師に相談してください。

生ワクチンと不活化ワクチンについて

生ワクチン

生きた病原体(細菌やウイルス)の病原性を弱めたものを接種し、体の中で増やして免疫をつくります。
その病気に罹ったのと同様の抵抗力がつきます。接種回数は不活化ワクチンと比べ、少なくて済みます。

不活化ワクチン

細菌やウイルスに熱やホルマリンを加えて病原性を不活化(免疫をつけるのに必要な成分は残して、増殖性・毒性を無くすこと)して投与し、免疫をつけるように導きます。
生ワクチンと異なり、感染予防レベルの免疫をつけるには、数回の追加接種が必要になります(接種回数は、ワクチンの種類によってそれぞれ異なります)。

定期接種と任意接種

予防接種には、下記のように「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種

国が「一定の年齢になったら、受けるように努めなければいけない」と規定しているワクチンです。接種費用は、対象年齢内、規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

ワクチン標準的接種期間接種回数
Hibワクチン
【不活化ワクチン】
生後2ヶ月~5歳未満1~4回(接種開始年齢によって異なります)
小児肺炎球菌ワクチン
【不活化ワクチン】
生後2ヶ月~9歳1~4回(接種開始年齢によって異なります)
4種混合ワクチン
【不活化ワクチン】
生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満4回
3種混合ワクチン
【不活化ワクチン】
生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満4回
不活化ポリオワクチン
【不活化ワクチン】
生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満4回
2種混合ワクチン
【不活化ワクチン】
11歳~13歳未満(標準的な接種年齢は小学6年生)1回
水痘ワクチン
【生ワクチン】
1歳~2回
BCGワクチン
【生ワクチン】
生後5ヶ月~8ヶ月未満1回
MR(麻疹・風疹混合)ワクチン
【生ワクチン】
1歳~2回
日本脳炎ワクチン
【不活化ワクチン】
生後6ヶ月~(標準的な初回接種年齢は3歳)3回
子宮頸がんワクチン
【不活化ワクチン】
中学1年生~3回

任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良いという意味合いではなく、病気を防ぐためには、やはり大事な予防接種です。
費用は基本的に自費になりますが、接種をお勧めいたします。
料金等については、予約時にご確認ください。

ワクチン標準的接種期間接種回数
ロタリックス(ロタウイルスワクチン)
【生ワクチン】
生後6週~24週2回
ロタテック(ロタウイルスワクチン)
【生ワクチン】
生後6週~32週3回
おたふくかぜワクチン
【生ワクチン】
1歳~2回
B型肝炎ワクチン
【不活化ワクチン】
生後2ヶ月~3回
A型肝炎ワクチン
【不活化ワクチン】
1歳~3回
インフルエンザワクチン
【不活化ワクチン】
生後6ヶ月~小学6年生2回
中学生~1回

※ ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。
※ 上記以外のワクチンについても、ご相談ください。
※ 0歳や1歳の時点で「打ち漏らし」があっても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。「接種を受けていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、ご相談ください。

3歳以降で受ける予防接種

日本脳炎ワクチン(定期)

日本脳炎は、日本を含めアジア諸国で流行する病気です。
主に水田で発生するコガタアカイエカが媒介します。感染しても症状が出ることは稀ですが、発症すると脳炎を起こすことがあります。ポリオなどと同様、有効な治療法が無いので、予防接種によって感染しないようにすることが大切です。
3歳を過ぎたら1週間から4週間あけて2回接種し、その後、約1年後に追加接種をします。さらに9歳から12歳で1回接種します。
なお、平成17年から一時期中止になっていたため、接種できなかった人のための特例措置が講じられています。詳しくは直接ご相談ください。

MR(麻しん・風しん)2期(定期)

就学前の1年間(4月から3月)にMR2期の接種を受けましょう。
麻しんは感染力が強く、高熱などの風邪症状で始まり、やがて発疹が出ます。
肺炎や脳炎などの合併症を起こすことがあるため、注意の必要な病気です。
風しんは、麻しんと似た症状が出ますが、通常は3日ほどで治まります。
しかし、稀ながら脳炎などを引き起こすことがあるので、やはり予防が大切です。

DTワクチン(定期)

11歳になったら、ジフテリアと破傷風のDT(2種混合)ワクチンを受けましょう。
ジフテリアは、ジフテリア菌の飛沫感染で起る急性細菌性疾患で、主な症状は、高熱、喉の痛み、嘔吐などですが、時には窒息死や心筋障害、神経麻痺などを招くことがある病気です。
破傷風は、土中にいる破傷風菌が傷口から侵入して体の中で増殖し、筋肉の痙攣などの神経症状を招く破傷風菌毒素を大量に出すために起こる感染症で、死亡率の高い病気です。
どちらも予防が必要な病気です。

毎年受ける予防接種

インフルエンザワクチン(任意)

インフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスの感染を予防するワクチンです。
冬場に流行のピークがあるので、当院では10月末から年末頃にかけての接種を予定しています。

集団生活に入る前に

保育園や幼稚園などの「集団生活」に入ると、ウイルスに接する機会が急増します。
入園前には、お子さまの接種状況を見直し、任意接種や接種漏れなどについては、可能な範囲で接種を受けておくようにすると良いので、ご相談ください。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種は、感染症を防ぐためにとても重要なものですが、極めて稀ながら脳炎や神経障がいなど、副反応による重大な健康被害が生じるケースがあります。
万が一、定期予防接種による健康被害が生じた場合は、救済給付を行うための制度があります。
それが、「予防接種健康被害救済制度」です。当該健康被害が、接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定した場合は、市町村により給付が行われます(第三者で構成される疾病・障害認定審査会により、因果関係に関する審査が行われます)。
ただし対象年齢や受ける回数・間隔を超えた場合には、その対象となりませんので、ご注意ください。