新型コロナウイルス感染者への接触でご心配の方へ

一部報道で、保健所がクラスター追跡を諦めたという内容の報道を目にする機会が増えておりますが、これは、「諦めた」訳ではなく、「優先順位の高い方を確実に優先するようにした」が正しい理解となります。
具体的には、地域の流行の実情に合わせて、高齢者、高齢者施設、医療機関、障害者施設、特別支援学校等への対応が優先され、相対的にリスクの低い、基礎疾患のない労働年齢層のご家庭や、職域に関しての保健所からの介入(濃厚接触者に対する公費でのPCR検査の指示等)が、これまで通りには行われない可能性があります。

これに伴い、臨時対応として、都内の医療機関に関して、濃厚接触者を指定する権限を委譲する旨の連絡がありました。九段下駅前ココクリニックは東京都から「帰国者・接触者外来及び帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」の認定を受けておりますので、本件の判断および行政検査(公費負担でのPCR検査)の実施が可能になります。

特に無症状の接触者でお困りの場合は、お電話でご相談ください。
但し、注意点として、「濃厚接触者」には14日間の健康観察期間が設けられますので、「濃厚接触者」として行政検査(公費負担でのPCR検査)を受けられた場合には原則として2週間の在宅経過観察が求められます。